ひまひなへようこそ!日記を中心に「いづみ」の独断と偏見による実験ページです。
<< ITの記事 >>
2011年 1月 18日 (火)

エンコード比較

by いづみ

1658161163_109.jpg
エンコード機の構成をCore i7 2600K(3.4GHz)とP67へ変更して、TMPGEnc4.0Xpress(以下TXP4)から、TMPGEnc Video Mastering Works5(以下TVMW5)へソフトも乗換えたのでエンコード速度比較をしてみた。

映像ソース

「FORTUNE ARTERIAL 赤い約束」の第1話(約24分)
MPEG2-TSを無劣化カットした後のMPEG2-PS(1440x1080 30i)

エンコード結果を上から順に

・1280x720(60p) Resize&Progressive2倍FPS化 x264  45分16秒
・1280x720(60p) Resize&Progressive2倍FPS化 SpursEngine 37分56秒
・1440x1080(30i) Resize無し&Interlace x264 36分27秒
・1440x1080(30i) Resize無し&Interlace SpursEngine 15分06秒

x264はVBR品質固定70%で、最大14000kbpsの1Pass
Spursは平均5000kbps、最大14000kbpsの1Pass
x264の2Passは単純にこれの約2倍の時間と考えて良い。

まず、60pの2つを見ると8分程Spursが速いが、この程度の差であれば十分x264への置き換えも可能。
以前のPhenomIIの環境だと、72分かかっていたので、i7でかなりの高速化された。
オーバークロックすればSpursを超えるかもしれないと思ってやってみたところ、60pのプロファイルで、4.2GHzで1分遅く、4.4GHzでSpursを超えた

リサイズ無しでインターレース保持だと、x264の場合にリサイズした時との差が9分。
Spursのリサイズ時とほぼ同じ速度であると言える。
そして、ほぼ同じ設定でのインターレースだと、Spursは驚異的な速さを見せる。
Spursはリサイズという処理を行わない場合には実時間を大きく下回る速さでエンコードを完了する。
しかし、Spursはハードウェア仕様上、H.264AVCのHigh4.1プロファイルにまでしか対応していないので、解像度1440x1080での60pは不可能。
対するx264はHigh5.1まで対応可能なので、1920x1080の60pも可能。

ちなみにSpursの場合、Phenom環境の時は12分台で終了していた。
PCI-Expressの制御方法の違いだろうか、AMDプラットフォームの方が高速であった。
全42レーンをチップセットで制御するAMDと、CPU側16レーン、チップセット側8レーンを制御するインテル。
おそらくIntelはVGAを挿している場合にCPU側16レーンを全て消費するので、チップセットとの通信に遅延が生じるのかと思われる。
その点はフレキシブルに42レーン配分を組み替えられるAMDの方が遅延は少ないのだろう。

もう一つSpursに関して、TVMW5ではビットレート指定を平均5000kbps、最大を15000kbpsとした場合に、仕上がりは平均値で計算された予定ファイルサイズぴったりになる。
最大を10000にしても20000にしても同じ。
TXP4の時には、同じビットレート指定でも、最大指定が許す限り画質を優先してエンコードをする。
たいていの場合、平均5000の指定であっても仕上がり平均は6500〜8000kbpsとなる傾向があった。
今回のソースファイルの場合の仕上りファイルサイズは、TXP4で約1.3GB、TVMW5で916MB。

最後に、x264にて1Pass品質固定(QB)、2PassVBRとの比較。
2PassVBRは平均6000kbps、最大12000kbpsとした。
1PassQBで、これとほぼ同等のファイルサイズに仕上げるために、何度も%値を変更していったところ、品質60%付近でほぼ同じファイルサイズになる事が分った。
その状態で画質の比較をした結果、2passVBRよりも1passQBの方が僅かに劣る気がした。
ファイルサイズが同じなら品質で縛るよりもビットレートで縛って2Pass通した方が丁寧にエンコードしてくれるようだ。
ただし、ファイルサイズは大きいが70%前後まで上げてやると、明らかに1PassQBの方が綺麗。

今後は急ぎの場合は1Pass品質、じっくりやりたい時は2PassVBRで行おうと思う。
以前からの継続分についてはTXP4でSpursを使いたい。


<< >>










おふとん様の魔力に勝てないサイトリング
時間のないサイト運営者リング
日常に疲れたとき脱力する為のバナー
駄文しかありません!

RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h