ひまひなへようこそ!日記を中心に「いづみ」の独断と偏見による実験ページです。
<< アクアリウムの記事 >>
2009年 11月 6日 (金)

濾材交換

by いづみ

第1水槽のフィルター(EXユーロ)の濾材を以前から気になっていたリングプラスとライフに交換した。
元々付属の濾材は水流順に

EXリング → EXブラックスポンジ → EXブラックスポンジ → EX活性炭 → EXウールマット

これを

AX-45用バイオグラスリングS+ライフ → EXブラックスポンジ → リングプラス+ライフ → EXブラックスポンジ → EXウールマット

に変えた。
外部フィルターでのメンテナンス性が悪い活性炭は外すことにして生物濾過に特化させた。代わりに先日改造したSPF+外掛けスリムフィルターに活性炭を担当させ、手軽に活性炭を交換する事が可能になっている。
うちの環境では生体数が多いため濁り取り用に活性炭は必要。
トレイ2層目のリングプラスとスポンジは逆順の方が良かったかもしれない。

第2水槽のフィルター(AX-45)もグラスリングをEXユーロに使う事になったのでリングプラスとライフに交換。
更にAXカーボンが入っていた所にバクターセルラボBCLを入れて、ウール越しの最終段にキョーリンのカーボンパックを配置。
最終段を活性炭にしたのは交換し易いためと、カーボンパックは不織布が使われているのでウールよりも目が細かく最終物理濾過にも有効な事。
というか、他の活性炭は1袋が大きくて詰め替えしないとAX-45に入らない。(純正品高いし・・・)
こっちの水槽はサブフィルターがエアーに繋いだ水作エイト様なので、透明度を維持するためにAX-45内に活性炭は必要だった。
元々、底床がピュアブラックなので活性炭は必要ないのかもしれないけど・・・。現状でも水の透明度は凄く高い。

それからBCL・・・不織布内に細かいスポンジ入ってるだけじゃん・・・何かインチキくせぇw
まぁ300円だからいいか。洗車スポンジを細かく切る手間を考えたら安いもんだな。

これで初期付属品の期待効果が薄い濾材はほぼサイクルを終え、長期運用可能な物に入れ替わったことになるので、今後は活性炭とウールの定期交換だけでOKになりそう。


<< >>










おふとん様の魔力に勝てないサイトリング
時間のないサイト運営者リング
日常に疲れたとき脱力する為のバナー
駄文しかありません!

RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h