ひまひなへようこそ!日記を中心に「いづみ」の独断と偏見による実験ページです。
<< アクアリウムの記事 >>
2009年 10月 9日 (金)

病気の特定

by いづみ

発病から4日目。
カラムナリス菌による尾ぐされ病と確定。メスには発症しにくいとは聞くがどうやら間違いないようだ。
現在サテライトに隔離して療養中。

尾のえぐれの内側が赤く化膿し始めたので塩と薬が効いてるのかな?
でも、エサも食べず、くねくね泳ぎをしているので体力を奪っているのは確か。収束が先か、体力の限界が先か・・・

菌によるものなので、本水槽も水を換えつつ少なめのヒコサンZで菌の消滅を試みてる。
ヌマエビがいるのでメチレンブルーなどの強い薬は使えないので、これは時間をかけてやるしかないな。

メスの場合は産まれたF1達の方が親のフィンよりもツルギから受け継いだダブルソード血統があるので逆に良いとして、オスのツルギは純血のジャパンブルーダブルソードなので病気が感染するのは心配。
オスメスそれぞれのF1から第二世代のF2が産まれれば純血種を保存出来る可能性は高いが、まだ不確定事項なので今のところは血統のよいツルギには死なれると困る。


<< >>










おふとん様の魔力に勝てないサイトリング
時間のないサイト運営者リング
日常に疲れたとき脱力する為のバナー
駄文しかありません!

RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h